【映画祭】「オタール・イオセリアーニ映画祭 ~ジョージア、そしてパリ~」2月10日より渋谷シアター・イメージフォーラムにてアンコール上映

【映画祭】「オタール・イオセリアーニ映画祭 ~ジョージア、そしてパリ~」2月10日より渋谷シアター・イメージフォーラムにてアンコール上映

『月曜日に乾杯!』『皆さま、ごきげんよう』などを手掛けた名匠オタール・イオセリアーニ監督が、2023年12月17日に89歳で死去いたしました。同年2月には劇場初公開作品を含む全監督作21本をデジタル・リマスター版にて一挙上映する「オタール・イオセリアーニ映画祭」が開催され、全国の劇場にて改めてイオセリアーニ監督が描くノンシャランとした世界観を多くの方にお楽しみいただきました。このたび、2月10日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにて追悼 オタール・イオセリアーニ監督「オタール・イオセリアーニ映画祭 ~ジョージア、そしてパリ~」のアンコール上映が行われます。

オタール・イオセリアーニ監督プロフィール

【映画祭】「オタール・イオセリアーニ映画祭 ~ジョージア、そしてパリ~」2月10日より渋谷シアター・イメージフォーラムにてアンコール上映

1934年2月2日、旧ソビエト連邦グルジア共和国(現ジョージア)のトビリシに生まれる。1944年、トビリシ音楽院に入り、ピアノ、作曲、指揮を、1953年から1955年にかけてモスクワ大学で、数学、工学を学ぶ。その後、1956年から1961年まで、モスクワのソ連映画学院の監督科に在籍。卒業後は編集技師として働く。1962年に中編『四月』を監督するが、「抽象的、形式主義的」という理由で、上映を禁止された。1966年、長編第1作『落葉』を発表。公開禁止となるが、2年後の1968年のカンヌ国際映画祭に出品。初めて西側で紹介され、国際批評家連盟賞とジョルジュ・サドゥール賞を受賞。イオセリアーニの名前は一躍世界に知られることとなる。1979年、活動の拠点をフランス・パリに移し、短編や中編ドキュメンタリーをいくつか制作した後、1984年に長編第4作『月の寵児たち』を、1989年にはセネガルで撮影した長編第5作『そして光ありき』を発表。これら2作品はヴェネチア国際映画祭審査員大賞を受賞する。1996年制作の『群盗、第七章』では、ヴェネチア国際映画祭審査員特別大賞を三度受賞する快挙を遂げる。2006年、『ここに幸あり』を、2010年、『汽車はふたたび故郷へ』を、2015年、集大成ともいえるシニカルな人間賛歌『皆さま、ごきげんよう』を発表。2023年12月17日、89歳で死去する。

カンヌ、ヴェネチア、ベルリンなど世界の映画祭で数々の賞を受賞!人生の達人、オタール・イオセリアーニ監督の作品をたどる

【映画祭】「オタール・イオセリアーニ映画祭 ~ジョージア、そしてパリ~」2月10日より渋谷シアター・イメージフォーラムにてアンコール上映

『月曜日に乾杯!』

“まさに、ジャック・タチやチャップリンのよう!(テレラマ)”などと評される名匠オタール・イオセリアーニ監督。ジョージア(旧ソビエト連邦グルジア共和国)に生まれ、映画制作を行うも上映禁止など制限を受け、故郷を離れパリへと移り住んだ経歴を持っています。それでも映画を制作し続け、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンなどで数々の賞を受賞し、世界各国でゆるぎない評価を得ており、日本でも、『月曜日に乾杯!』や『皆さま、ごきげんよう』などのヒットで熱狂的なファンが多くいます。時代や場所が違えど、変わることなく繰り返される日々の営み、争いや略奪、犯罪は決してなくならないが、あふれるほどの愛や友情、希望は必ずあります。観る者に、そんな人生の豊かさを気づかせてくれる人生の達人、オタール・イオセリアーニの全監督作品をたどることができる貴重な映画祭です。

公開禁止を受けた幻の傑作から数々の賞を受賞した作品群、そして円熟味を増した集大成の作品までデジタル・リマスター版で待望の一挙上映!

【映画祭】「オタール・イオセリアーニ映画祭 ~ジョージア、そしてパリ~」2月10日より渋谷シアター・イメージフォーラムにてアンコール上映

『素敵な歌と舟はゆく』

長編は、1作目にしてジョージアでは公開禁止となったがカンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞した『落葉』をはじめ、各国でロングランヒットとなった『素敵な歌と舟はゆく』や、ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞し世界の名匠としての地位を確立した『月曜日に乾杯!』、またレトロスペクティブが開催され、再評価が高まるピエール・エテックスや、『アメリ』などジャン=ピエール・ジュネ監督作品でおなじみのリュファスが出演していることも話題となった集大成的傑作『皆さま、ごきげんよう』など。さらに、ウェス・アンダーソン監督作常連のマチュー・アマルリックの役者デビュー作となった『月の寵児たち』、全編アフリカ・セネガルで撮影が行われた『そして光ありき』がこの度日本初上映されます。いずれもヴェネツィア国際映画祭にて審査員特別大賞を受賞した作品です。そのほか、本国ジョージアにて上映禁止を受けたものの、2000年にはカンヌ国際映画祭で復元版による特別上映が行われた中編『四月』、ジョージアの映像資料を用いて歴史・文化を紹介した三部構成となる日本初公開のドキュメンタリー三部作『唯一、ゲオルギア』などが上映されます。ノンシャランと笑い飛ばし、自由で独創性あふれる作品づくりで世界中の映画ファンを魅了し続けているオタール・イオセリアーニ監督の全作品に触れられる貴重な映画祭となっています。混沌とした現代だからこそ、反骨精神たっぷりのユーモアとちょっとした幸福をぜひ体感してください。

上映作品一覧

<長編12本>
『落葉』
『歌うつぐみがおりました』
『田園詩』
『月の寵児たち』
『そして光ありき』 
『蝶採り』
『群盗、第七章』
『素敵な歌と舟はゆく』
『月曜日に乾杯!』
『ここに幸あり』
『汽車はふたたび故郷へ』
『皆さま、ごきげんよう』

<中編3本>
『四月』
『エウスカディ、1982年夏』 
『トスカーナの小さな修道院』 

<短編5本>
『水彩画』 
『珍しい花の歌』 
『鋳鉄』
『ジョージアの古い歌』
『ある映画作家の手紙 白黒映画のための七つの断片』 

<3部作 ドキュメンタリー>
『唯一、ゲオルギア』(3部作)

「オタール・イオセリアーニ映画祭 ~ジョージア、そしてパリ~」開催概要

【映画祭】「オタール・イオセリアーニ映画祭 ~ジョージア、そしてパリ~」2月10日より渋谷シアター・イメージフォーラムにてアンコール上映

2024年2月10日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて全監督作21本一挙上映
監督:オタール・イオセリアーニ
配給:ビターズ・エンド
公式X

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

新着情報

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』体験型イベント”エクスペリエンス・ザ・ウォッチャーズ”期間限定開催
    『ザ・ウォッチャーズ』のガラス貼りの部屋を再現した“エクスペリエンス・ザ・ウォッチャーズ”が、6月1…
  2. 【映画イベント】「Paramount+」日本ローンチ後初めてのポップアップイベント<Paramount+ Weekend>6/14~16にハラカドで開催!
    『トップガン』はじめ超有名作を擁するParamount+を体験できる限定コーナーが満載!…
  3. 『MIRRORLIAR FILMS Season5』6月15日(土)よりカラオケ2,000店舗以上で「みるハコ」期間独占、非劇場上映&7月5日(金)よりLemino独占無料配信開始!
    幅広い層のお客様が映画鑑賞を身近に感じていただけるよう、「オープンムービー」という名称で、短編映画の…
  4. 【リアル開催!】5/28(日) 全員参加トークイベント『映画ファンの集い ~5月!~』※2部制<12時~><15時~>
    映画好きの皆さんがおしゃべりを楽しむ全員参加の映画トークイベント、それが“映画ファンの集い”です。次…
  5. 「ワーナーブラザーススタジオツアー東京・メイキング・オブ・ハリー・ポッター」オープン1周年を記念する魔法に満ちあふれたグッズやフード登場!6月16日(日)より「1周年アニバーサリー」開催
    6月16日(日)より7月15日(月)までの1か月間、アニバーサリーにふさわしい魔法に満ちあふれたグッ…
  6. リバイバル上映まとめ2024年6月3日号
    今回は『オペラ座の怪人 4Kデジタルリマスター』『ミッドサマー』ほか、近日リバイバル上映予定の作品を…
  7. 【映画イベント】『ARGYLLE/アーガイル』『マトリックス』『ラ・ラ・ランド』など豪華12プログラム!「爆音映画祭 in ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」vol.14開催
    音で観る、音に包まれる映画祭!6月14日(金)〜6月23日(日) 10日間開催…
  8. ジャガモンド斉藤、ホラー映画取締役 トークショー付『ゼイリブ』、『ニューヨーク 1997』、『ザ・フ…
  9. 【海のSDGs映画祭2024】6/1(土)~6/8(土)開催!
    『アクアマン』『オーシャンズ』など 海をテーマにした映画上映ZOZOと学ぶSDGsワークショップなど…
  10. 「アイルランド映画祭2024」5月31日(金)‒6月13日(木)YEBISU GARDEN CINEMAにて開催決定
    昨年好評だった「アイルランド映画祭」が今年も開催!『まずは踊れ』『アイリッシュパブ』『あのボートに乗…
U-NEXT
PAGE TOP