KAFA 韓国映画アカデミー40周年記念!「KAFAと韓国映画のこれから」シアター・イメージフォーラムにて開催中

KAFA 韓国映画アカデミー40周年記念!「KAFAと韓国映画のこれから」シアター・イメージフォーラムにて開催中

KAFA 40年にわたる歴史を振り返りつつ、新たに生まれつつある新しい才能を紹介する特集上映

1984年に設立され、ポン・ジュノ、イ・ジェヨン、ホ・ジノなど、今や韓国だけではなく世界映画の顔となった監督を輩出し、2000年代以降の韓国映画の躍進のエンジンの1つでもある韓国の国立映画学校、「韓国映画アカデミー(KAFA)」。その40年にわたる歴史を振り返りつつ、新たに生まれつつある新しい才能を紹介する特集上映が11月10日まで開催中です。ポン・ジュノ(『パラサイト 半地下の家族』)、イ・ジェヨン(『私の頭の中のオルガン』)など、韓国映画を代表する目覚ましい活躍をしている映画作家の初期作品も上映されます。

上映作品

【上映プログラム A】

KAFA 韓国映画アカデミー40周年記念!「KAFAと韓国映画のこれから」シアター・イメージフォーラムにて開催中

『ラッキー・モンスター』
2019 年/90 分/デジタル
2019 年釜山国際映画祭 KTH 賞受賞
監督・脚本・編集:ポン・ジュニョン
出演:キム・ドユン(『新感染半島 ファイナル・ステージ』『コンクリート・ユートピア』)他

「スーパーヒーローになるため、妻を見つけなければ」 借金の取り立てに苦しむ一文無しの男マンスは、自分がなんの取り柄もないことを痛感し、妻を守るため偽装離婚を提案する。しかし、人生の大逆転。最後の希望と購入した宝くじで大金を手にすることに。早速妻に連絡を取ろうとするマンスだが、彼女は行方不明になっていた……。不思議なユーモアと奇想天外な展開が魅力のねじれた復讐譚。

【上映プログラム B】

KAFA 韓国映画アカデミー40周年記念!「KAFAと韓国映画のこれから」シアター・イメージフォーラムにて開催中

『京都から届いた手紙』
2022 年/102 分/デジタル
2023 ヴェスル・アジア映画祭国際審査員賞・INALCO 審査員特別賞2冠
監督・脚本・編集:キム・ミンジュ
出演:ハン・ソナ、ハン・チェア、チャ・ミギュン(『タクシー運転手 約束は海を越えて』 『バーニング』)他

記憶が失われつつある元・在日朝鮮人の母の過去と、家から旅立ってそれぞれの道を歩もうとしている3人の娘たちの人生が交差する様を繊細に描いて高い評価を得た『京都からの手紙』。プサンのヨンド(影島)を舞台に、地元のオーディションで選出された俳優たちとともに制作したヒューマン・ストーリー。

【上映プログラム C】KAFA×藝大共同制作作品+『逃避行』(合計 84 分)

KAFA 韓国映画アカデミー40周年記念!「KAFAと韓国映画のこれから」シアター・イメージフォーラムにて開催中

『あおひげ』

『消えない』
2007 年/20 分/デジタル
監督:ビョン・ビョンジュン

『あおひげ』
2011 年/53 分/デジタル
監督:後閑広 出演:北村匠海、大島葉子、キム・ジュンヒ

『逃避行』
2022 年/14 分/デジタル
東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻 17 期春期実習
2023 年サンセバスチャン国際映画祭 NEST 部門招待作品
監督:森美春
脚本:石井夏実

隣に住む韓国人との交流を通して成長する思春期の少年を瑞々しく描いた『あおひげ』とビョン・ビョンジュン監督による『消えない』の2本の日韓共同製作作品に加えて、平穏な日常から奇妙な世界へと迷い込む少年たちを描き、今年のサンセバスチャン国際映画祭に招待された東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻の森美春監督『逃避行』を上映。

【プログラム D】KAFA80〜90年代 初期卒業制作作品集(合計73分)

KAFA 韓国映画アカデミー40周年記念!「KAFAと韓国映画のこれから」シアター・イメージフォーラムにて開催中

『支離滅裂』

『アンドロメダ』
1986 年/22 分/16 ミリ(デジタル版上映)
監督:イ・ヨンジェ(『スキャンダル』)

『ホモ・ビデオクス』
1990年/20分/16ミリ(デジタル版上映)
監督:イ・ジェヨ ン(『私の頭の中のオルガン』)

『支離滅裂』
1994年/31分/16ミリ(デジタル版上映)
監督:ポン・ジュノ(『パラサイト 半地下の家族』)
KAFA(韓国映画アカデミー)初期、80年代から90年代にかけての短編作品集。

森の中の屋敷に住むミステリアスな女に恋をした男。その逃避行の行方は?当時の韓国の街並みも映したファンタジックなラブストーリー『アンドロメダ』、テレビの前で日々を過ごす主人公の男はある日カメラを買い、近隣に住む女性を撮影し始める–。1990 年クレルモン=フェラン国際短編映画祭批評家大賞受賞作『ホモ・ビデオクス』、軽快かつシニカルな作風の萌芽が見られるポン・ジュノのキャリア初期の短編オムニバス作品『支離滅裂』の三作品を上映。

【プログラム E】KAFA ニューウェーブ(合計 113 分)

KAFA 韓国映画アカデミー40周年記念!「KAFAと韓国映画のこれから」シアター・イメージフォーラムにて開催中

『ロスト・アンド・ファウンド』

『ロスト・アンド・ファウンド』
2004年/17分/16ミリ(デジタル版上映)
監督:キム・ドンリョン(『妊娠した木とトッケビ』)

『家から出るな』
2009 年/43 分/16 ミリ(デジタル版上映)
監督:チョ・ソンヒ(『私のオオカミ少年』)

『Hz』
2016年/11分/デジタル
監督:ポン・ジュニョン(『ラッキー・モンスター』)

『Ah-ah-ah』
2015年/15分/デジタル
監督:ノ・ヨンミ

『コンテナ』
2018年/27分/デジタル
監督:キム・セイン(『同じ下着を着るふたりの女』)

病の母を持つ主人公と母親を亡くした少女、二つの並走する人生がある時交差する–。イメージフォーラム・フェスティバル2020で寺山修司賞を受賞したキム・ドンリョンの瑞々しい初期作品『ロスト・アンド・ファウンド』、地下アパートに住む兄妹の元にやってきた男たちの目的は一体?大ヒット作『私のオオカミ少年』のチョ・ソンヒによる緊張感張り詰める室内サスペンス『家から出るな』、最新作『同じ下着を着る女』が各国映画祭で賞賛を浴びたキム・セインが、成長期の少女の葛藤を丁寧に描いた『コンテナ』等、2000年代のKAFA出身、近年も新作を発表する5監督によるいずれも日本未公開の短編作品集。

【プログラム F KAFAの現在】

『2+1』
2023/26 分/デジタル
監督:チャン・ヨンソン

『ベビー・バスタブ』
2023/14 分/デジタル
監督:チェ・ボムソク

『穴』
2023/23 分/デジタル
監督:フアン・ヒェイン

効率を至上命題とする奇妙なオフィスを皮肉たっぷりコミカルに描いた『2+1』、赤ん坊の入浴をきっかけに自身の創作と人生が入り乱れ混乱する漫画家を描く『ベビー・バスタブ』、打ち捨てられたマンションの部屋にあいた穴を巡る不条理なスリラーで本年のカンヌ映画祭「ラ・シネフ」第二席を獲得した『穴』。KAFA の最新修了作品3本を上映。

「KAFAと韓国映画のこれから」開催概要

開催日程:2023年11月3日(金・祝)〜11月10日(金)
場所:シアター・イメージフォーラム(東京都渋谷区渋谷2-10−2)
主催:韓国映画アカデミーKAFA
協力:東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻、ダゲレオ出版+イメージフォーラム

公式サイト

※詳しい上映情報は公式サイトにてご確認ください。

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

新着情報

  1. グランドシネマサンシャイン池袋開業5周年記念特集上映「5!5!5!5!Go!!!!!」第3弾!『天気の子』1週間限定上映
    今年7月19日(金)で開業5周年を迎えるグランドシネマサンシャイン 池袋が、開業5周年記念特集上映「…
  2. 【映画イベント】TAMA映画フォーラム特別上映会7/20(土)開催!『ブレッドウィナー』をゲストトーク付きで上映
    2回目の上映後には「イスラーム映画祭」を主宰する藤本高之氏、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会…
  3. 【映画イベント】ポルトガルの鬼才ペドロ・コスタ監督来日イベント7月15日に下高井戸シネマにて開催!
    ペドロ・コスタの最新短編『火の娘たち』&ゴダールの劇場未公開短編『言葉の力』特別上映。…
  4. 【リアル開催!】5/28(日) 全員参加トークイベント『映画ファンの集い ~5月!~』※2部制<12時~><15時~>
    映画好きの皆さんがおしゃべりを楽しむ全員参加の映画トークイベント、それが“映画ファンの集い”です。次…
  5. 【映画イベント】「カリコレ®2024 THE FINAL」7月12日〜8月8日の4週間に渡り新宿シネマカリテにて開催
    映画祭カリコレ®2024のファイナルに相応しいバラエティに富んだ作品が今年も集結!…
  6. 「『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』シネマ・コンサート」パシフィコ横浜 国立大ホールにて7月6日(土)開催
    T.M.Revolution/西川貴教、田中理恵ら豪華ゲスト登壇!会場ではオリジナルグッズも販売され…
  7. 現代中国のリアルライフを見る新作特集&最高峰クオリティの中国アニメ特集「電影祭」7月5日(金)〜18日(木)開催!
    2022年から面白映画主催で開催されている中華映画特集上映イベント「電影祭」が今年も開催!…
  8. 【映画イベント】映画『お母さんが一緒』公開記念<「ひと」を描く映画監督 橋口亮輔作品 特別上映>7月1日(月)から3夜連続でユーロスペース(渋谷)にて特別上映
    豪華ゲスト登壇!『ぐるりのこと。』『二十才の微熱』『渚のシンドバッド』の3作品上映。…
  9. 【映画交流会】映画好きな人のための「Discordサーバー」現在メンバー募集中!
    20〜40代の社会人男女が参加中!まだ人数が少ないため、現在は毎週土日に時間を決めてDiscordの…
  10. 学生のための短編映画祭「第7回フェローズフィルムフェスティバル学生部門」7月1日より作品募集開始!
    日本国内の学生から4分以内のショートフィルムを募集し、上映するコンペティションプログラムを中心とした…
U-NEXT
PAGE TOP