「第45回ぴあフィルムフェスティバル2023」東京:国立映画アーカイブ、京都:京都文化博物館にて開催

「第45回ぴあフィルムフェスティバル2023」東京:国立映画アーカイブ、京都:京都文化博物館にて開催

「第45回ぴあフィルムフェスティバル 2023」が東京、国立映画アーカイブにて9月9日(土)より開催中、京都、京都文化博物館にて10月14日(土)より開催されます。映画祭のメインプログラムであるコンペティション部門「PFFアワード」は、1977年にスタートした世界最大の自主映画のコンペティション。世界で活躍する黒沢清、塚本晋也、佐藤信介、李相日、荻上直子、石井裕也など、これまでに180名を超えるプロの映画監督を送り出してきました。本年は557本の応募から入選を果たした22作品が、映画祭でグランプリ他各賞を競います。

「PFFアワード2023」最終審査員

「第45回ぴあフィルムフェスティバル2023」東京:国立映画アーカイブ、京都:京都文化博物館にて開催

賞は数時間にわたる討議の末に決定、9月22日(金)の表彰式にて、最終審査員により、グランプリ(1作品)、準グランプリ(1作品)、審査員特別賞(3作品)が発表されます。

石井 裕也/Yuuya Ishii(映画監督)
大阪芸術大学の卒業制作として監督した作品『剥き出しにっぽん』(2005)が、第29回ぴあフィルムフェスティバルでグランプリを受賞。第19回PFFスカラシップ作品『川の底からこんにちは』(2009)で商業映画監督デビュー。第37回日本アカデミー賞で『舟を編む』(2013)が最優秀作品賞、最優秀監督賞を受賞。『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017)が第91回キネマ旬報ベスト・テン第1位。2023年に『愛にイナズマ』『月』が公開される。

石川 慶/Kei Ishikawa(映画監督)
ポーランド国立映画大学で演出を学ぶ。『愚行録』(2017)が、ベネチア映画祭オリゾンティ部門に選出されたほか、新藤兼人賞銀賞、ヨコハマ映画祭新人監督賞など受賞。『蜜蜂と遠雷』(2019)では、毎日映画コンクール日本映画大賞、日本アカデミー賞優秀作品賞など受賞。2021年には、世界的なSF作家であるケン・リュウ原作の『Arc アーク』を監督。『ある男』(2022)は、ベネチア映画祭オリ
ゾンティ部門、釜山国際映画祭ではクロージングに選出され、日本アカデミー賞で最優秀作品賞含む最多8冠を飾るなど、国内外から大きな注目を集めた。

岸田 奈美/Nami Kishida(作家)
関西学院大学人間福祉学部社会起業学科在学中に株式会社ミライロの創業メンバーとして加入。10年に渡り広報部長を務めたのち、作家として独立。Forbes「30 UNDER 30 Asia 2021」選出やテレビ出演など活躍の場を広げている。著書に『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』(小学館)、『もうあかんわ日記』(ライツ社)、『飽きっぽいから、愛っぽい』(講談社)など。

國實 瑞惠/Mizue Kunizane(プロデューサー)
1976年俳優監督のマネージメントを行う鈍牛倶楽部を設立後、多くの今村昌平監督作品に参加。映画プロデュース作品に、『KOROSHI 殺し』(2000年、第53回カンヌ映画祭監督週間正式出品)、『恋の罪』(2011年、第64回カンヌ映画祭監督週間正式出品)、『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(2012)、『希望の国』(2012)、『PLAN75』(2022年、第75回カンヌ映画祭カメラドールスペシャルメンション受賞)、『逃げきれた夢』(2023年、第76回カンヌ映画祭ACID部門正式出品)。その他、テレビ朝日『時効警察』の企画に参加。

五月女 ケイ子/Keiko Sootome(イラストレーター)
大学で映画学を学び、映画研究部で8ミリフィルムの自主映画にふれる。独学で絵を学び、イラストレーターとしての活動を始め、イラストを担当した「新しい単位」がベストセラーに。舞台「男子はだまってなさいよ!」「シティボーイズライブ」や、映画『インスタント沼』『WE ARE LITTLE ZOMBIES』に出演するなど俳優としても活躍。雑誌ぴあの連載では、独自の切り口の映画コラムを発表。古事記を大胆に脚色したコミック「レッツ!古事記」など著書も多数。2018年には台湾で大規模な展覧会「五月女桂子的逆襲展」を開催。

「PFFアワード 2023」審査について

557本の応募作品の中から、今年は22作品が入選!
<入選作品データ>
【入選数】22 本
【年齢】平均:26.1 歳 最年少:20 歳 最年長:35 歳
【上映時間】平均:40.0 分 最短:4 分 最長:110 分
<応募全体データ>
【応募数】557 本
【年齢】平均:31.5 歳 最年少:12 歳 最年長:72 歳
【上映時間】平均:36.5 分 最短:1 分 最長:172 分

<審査の流れ>
■1次審査(3月中旬〜4月下旬)「1作品を3名が必ず最初から最後まで、1分1秒もらさず観る」というルールのもと、全作品をセレクション・メンバーで手分けして鑑賞。1次審査会議では、その作品を鑑賞した3人が、他のメンバーにぜひみせたい作品を推薦し、「1 次通過作品」が決定。
■2次審査(4月下旬〜6月下旬)「1次通過」全作品をセレクション・メンバー全員が鑑賞。2次審査会議は、丸2日間かけて全員で緻密な合議を行なう。個々の作品に対するセレクション・メンバーの想いが溢れる、白熱した時間が続く。最終的なプログラミングはPFFディレクターに委ねられ、入選作品が決定。

※入選作品、上映スケジュール等詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画祭「第45回ぴあフィルムフェスティバル2023」開催概要

「第45回ぴあフィルムフェスティバル2023」東京:国立映画アーカイブ、京都:京都文化博物館にて開催

<東京> 日程:2023年9月9日(土)〜23日(土) ※月曜休館
会場:国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋 3-7-6)
<京都> 日程:2023年10月14日(土)~22日(日) ※月曜休館
会場:京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)

公式サイト


きっぷる
バスのる
国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

新着情報

  1. グランドシネマサンシャイン池袋開業5周年記念特集上映「5!5!5!5!Go!!!!!」第3弾!『天気の子』1週間限定上映
    今年7月19日(金)で開業5周年を迎えるグランドシネマサンシャイン 池袋が、開業5周年記念特集上映「…
  2. 【映画イベント】TAMA映画フォーラム特別上映会7/20(土)開催!『ブレッドウィナー』をゲストトーク付きで上映
    2回目の上映後には「イスラーム映画祭」を主宰する藤本高之氏、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会…
  3. 【映画イベント】ポルトガルの鬼才ペドロ・コスタ監督来日イベント7月15日に下高井戸シネマにて開催!
    ペドロ・コスタの最新短編『火の娘たち』&ゴダールの劇場未公開短編『言葉の力』特別上映。…
  4. 【リアル開催!】5/28(日) 全員参加トークイベント『映画ファンの集い ~5月!~』※2部制<12時~><15時~>
    映画好きの皆さんがおしゃべりを楽しむ全員参加の映画トークイベント、それが“映画ファンの集い”です。次…
  5. 【映画イベント】「カリコレ®2024 THE FINAL」7月12日〜8月8日の4週間に渡り新宿シネマカリテにて開催
    映画祭カリコレ®2024のファイナルに相応しいバラエティに富んだ作品が今年も集結!…
  6. 「『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』シネマ・コンサート」パシフィコ横浜 国立大ホールにて7月6日(土)開催
    T.M.Revolution/西川貴教、田中理恵ら豪華ゲスト登壇!会場ではオリジナルグッズも販売され…
  7. 現代中国のリアルライフを見る新作特集&最高峰クオリティの中国アニメ特集「電影祭」7月5日(金)〜18日(木)開催!
    2022年から面白映画主催で開催されている中華映画特集上映イベント「電影祭」が今年も開催!…
  8. 【映画イベント】映画『お母さんが一緒』公開記念<「ひと」を描く映画監督 橋口亮輔作品 特別上映>7月1日(月)から3夜連続でユーロスペース(渋谷)にて特別上映
    豪華ゲスト登壇!『ぐるりのこと。』『二十才の微熱』『渚のシンドバッド』の3作品上映。…
  9. 【映画交流会】映画好きな人のための「Discordサーバー」現在メンバー募集中!
    20〜40代の社会人男女が参加中!まだ人数が少ないため、現在は毎週土日に時間を決めてDiscordの…
  10. 学生のための短編映画祭「第7回フェローズフィルムフェスティバル学生部門」7月1日より作品募集開始!
    日本国内の学生から4分以内のショートフィルムを募集し、上映するコンペティションプログラムを中心とした…
U-NEXT
PAGE TOP