日本初公開の最新のイタリア映画14本を一挙上映!「イタリア映画祭2023」5月2日より開催

日本初公開の最新のイタリア映画14本を一挙上映!「イタリア映画祭2023」5月2日より開催

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、春の開催の中止や会場の変更を余儀なくされていましたが、今年は東京会場は4年ぶりとなる有楽町朝日ホール、大阪会場は例年通りのABCホールにて2拠点での開催となります。上映作品はすべて本映画祭での上映が日本初公開!イタリア喜劇のヒット作やスターが出演するエンタメ作品もあれば、国際映画祭をにぎわした映画やLGBTQ+やSDGsをテーマにした作品もあり、東京会場ではフレッシュでバラエティーに富んだ全14作品が取り揃えられています。

ペネロペ・クルスやモニカ・ベルッチら出演作も日本初公開!

日本初公開の最新のイタリア映画14本を一挙上映!「イタリア映画祭2023」5月2日より開催

『無限の広がり』

オープニング作品は、名匠パオロ・タヴィアーニの『遺灰は語る』。数々の傑作を発表し世界の映画ファンに愛されるイタリアのタヴィアーニ兄弟。2018年、兄ヴィットリオが亡くなった後に現在91歳の弟パオロが初めて1人で監督した待望の新作が6月の劇場公開に先駆けて上映されます。そして、昨年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門出品『ノスタルジア』は、マリオ・マルトーネ監督(『笑いの王』)、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ主演による重厚な演技が絶賛された濃密なドラマで、アカデミー賞国際長編映画賞イタリア代表作品にも選出されました。スター俳優アレッサンドロ・ボル ギとルイージ・ロ・カーショの共演作『デルタ』は、若手監督ミケーレ・ヴァンヌッチの長編第2作目。厚い霧に包まれたポー川のデルタ地帯を舞台に移民一家の密漁によって対立する人々を描く骨太な人間ドラマです。傑作『海と大陸』から11年ぶりとなる鬼才エマヌエーレ・クリアレーゼ監督最新作『無限の広がり』はペネロペ・クルスを主演に迎え、1970年代のローマを舞台にある家族を通してその絆や愛情について問いかけます。群像劇の名手パオロ・ヴィルズィ監督(『人間の値打ち』)の『乾いたローマ』は、3年経っても雨が降らないローマとその市民はどうなるか?危急の問題に大胆な設定 に挑み、シルヴィオ・オルランド、ヴァレリオ・マスタンドレア、モニカ・ベルッチら豪華キャストが出演する。

巨匠から若手まで、多種多様な14作品がラインナップ

日本初公開の最新のイタリア映画14本を一挙上映!「イタリア映画祭2023」5月2日より開催

『夜のロケーション』

特別上映作品は3本が揃えられました。ルイージ・ロ・カーショ、エリオ・ジェルマーノが共演、名匠ジャンニ・アメリオによる『蟻の王(仮題)』は1960年代末同性愛に対する差別がはこびるなか、教え子の青年と恋に落ち、投獄された実在の詩人の人生にインスパイアされた物語。『旅するローマ教皇』はジャンフランコ・ロージ監督(『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』)がローマ教皇の旅の膨大な記録映像と監督による撮り下ろし映像を交えながら教皇の真の姿に迫るドキュメンタリーです(今秋劇場公開)。そして、昨年のカンヌ国際映画祭プレミア上映で絶賛された巨匠マルコ・ベロッキオ渾身の一作『夜のロケーション』が上映時間330分の超大作ながら本映画祭でついに日本で初上映。世界を震撼させた事件の真相を浮かび上がらせます。巨匠から若手まで、多種多様な14作品が一堂に会し、最新のイタリア映画の今を映画で垣間見ることのできる、貴重な機会となっています。作品情報の詳細、 チケット発売、来日ゲストなどの続報は、公式サイト、公式twitterにてご確認ください。

「イタリア映画祭2023」開催概要

日本初公開の最新のイタリア映画14本を一挙上映!「イタリア映画祭2023」5月2日より開催

▼東京会場
会期:5月2日(火)〜5月7日(日)
会場:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)
主催:朝日新聞社、イタリア文化会館、チネチッタ
後援:イタリア大使館
※チケットはあさチケにて発売中。
<前売券>A~Y作品1回券:一般1,500円/学生1,200円 Z作品1回券:一般3,900円/学生3,300円
<当日券>A~Y作品1回券:一般1,900円/学生1,600円 Z作品1回券:一般5,000円/学生4,200円

▼大阪会場
会期:6月10日(土)〜6月11日(日)
会場:ABCホール(大阪府大阪市福島区福島1-1-30)
※チケットは4月21日(土)12:00(予定)からあさチケにて発売。
主催:朝日新聞社、イタリア文化会館-大阪、チネチッタ
後援:イタリア大使館、イタリア領事館

イタリア映画祭2023 公式サイト
公式twitter:@italianfilmfes

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

新着情報

  1. 【映画祭】「島ぜんぶでおーきな祭 第16回沖縄国際映画祭」2024年4月20日(土)~21日(日)開催
    映画はもちろん、音楽、お笑い、ソーシャルビジネスコンテストなど魅力いっぱいのコンテンツが準備されてい…
  2. スター・ウォーズの究極かつ世界最大の祭典が日本に!「スター・ウォーズ セレブレーション ジャパン 2025」5月3日(祝・金)午前8時よりチケット販売開始
    「スター・ウォーズ セレブレーション ジャパン2025」2025年4月18日(金)~4月20日(日)…
  3. 【ジャック・リヴェット傑作選 2024】4月19日(金)〜5月9日(木) ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開、ほか全国順次公開
    ジャック・リヴェットの魅力が満載の謎につつまれた冒険ミステリーの傑作『地に堕ちた愛 完全版』『彼女た…
  4. リバイバル上映まとめ2024年4月8日号
    今回は近日リバイバル上映予定の『マジカル・ガール』『ケンとカズ』『ティファニーで朝食を』ほか、まとめ…
  5. 『ゲバルトの杜 ~彼は早稲田で死んだ~』公開記念イベント「記憶の杜1967→2024」4月18日(木)~20日(土)開催
    映画『ゲバルトの杜 ~彼は早稲田で死んだ~』の公開を記念して、アテネフランセ文化センターにて公開記念…
  6. 【リアル開催!】5/28(日) 全員参加トークイベント『映画ファンの集い ~5月!~』※2部制<12時~><15時~>
    映画好きの皆さんがおしゃべりを楽しむ全員参加の映画トークイベント、それが“映画ファンの集い”です。次…
  7. あのモリコーネの名曲が、スクリーンに甦る!!「エンニオ・モリコーネ特選上映 Morricone Special Screening×2」4月19日(金)より新宿武蔵野館ほかにて公開
    名匠エンニオ・モリコーネが手がけた『死刑台のメロディ』(1971)4Kリマスター・英語版と、待望の日…
  8. 地方創生をテーマにオリジナル映画の上映を実施し映画と地方創生が連携した日本初のイベント「ふるさと映画祭 in 名古屋」4月6日(土)開催
    「ふるさと映画祭」が規模を拡大し、今年は日本各地で開催中!2024年4月6日(土)名古屋の北文化小劇…
  9. 『人生って、素晴らしい/Viva La Vida』中華映画特集上映「電影祭」にて4月5日より限定上映
    4月5日(金)よりグランドシネマサンシャイン池袋、シネマート心斎橋、ムービル、109シネマズ名古屋に…
  10. 高岩成二&志田音々“埼玉スペシャルアンバサダー”就任!「生誕50周年記念 THE 仮面ライダー展」3月23日(土)より埼玉・所沢にて開催
    昭和・平成・令和と3つの時代を生きた“仮面ライダー”の魅力や思いが詰まった展覧会開催!…
U-NEXT
PAGE TOP