映画祭「領土と戦争」2022年12月2日(金)-8日(木)ユーロスペースにて開催!

映画祭「領土と戦争」12月2日(金)-8日(木)ユーロスペースにて開催!

現役日藝生による第12回映画祭世界中から厳選した全14作品を上映!

日藝生が主催する映画祭も本年で12回目を迎えます。
昨年は「ジェンダー・ギャップ」、一昨年は「中国を知る」など、この映画祭はその時々の社会情勢を見ながらこのゼミに参加する3年生が今の自分たちにとって最も重要と考えたことを取り上げてきました。
今回のテーマは「領土と戦争」。
2022年2月24日、ロシアがウクライナへ軍事侵攻を始めました。それは一進一退を繰り返しながら今も続いています。この問題は対岸の火事ではありません。なぜなら日本は現在も渦中のロシアをはじめとして、中国や韓国とも領土問題を抱えているからです。また日本の領海に中国の船が侵入したというニュースもありますし、最近では台湾をめぐって米国と中国が一発触発の危機もありました。加えて、今年5月15日には沖縄が米国から日本に返還されて50年という重要な節目を迎えました。
映画学科の学生として、映画を学ぶ中で授業内でも映画館でも問わず様々な戦争に関する映画を見ます。日常生活の中で今では当たり前のように新聞やテレビなどで一般市民に使用された拷問部屋が発見されたり、捕虜の大量虐殺による集団墓地が航空写真から確認されたりするなど報道を目にするようになりました。映画にあったリアルな戦争の情景が頭によぎり映画と現実がリンクし戦慄します。
我々日本人、そして世界の人々にとっても改めて「領土」とは何なのか、これまで人々がそれとどう向き合ってきたかを、考え直すべき時期ではないでしょうか。今回の映画祭では、領土問題を戦争という観点から捉えた映画を、日本に関係する作品を中心に過去の戦争や東西冷戦、植民地、現在の紛争まで幅広い視野で上映し、観客の方々と共に改めて考えるきっかけにしたいと思います。

映画祭「領土と戦争」2022年12月2日(金)-8日(木)ユーロスペースにて開催!
『ひめゆりの塔』©東映

<上映作品14本一覧>※制作年順

『半島の春』(李炳逸(イ・ビョンイル)/1941年/韓国/35mm→デジタル/84分/所蔵:韓国映像資料院)
『狼火は上海に揚る』(稲垣浩/1944年/日本=中国/65分(欠落前92分)/35mm/配給:大映→KADOKAWA)
『あの旗を撃て コレヒドールの最後』(阿部豊/1944年/日本/35mm/108分/配給:映画配給社→東宝)
『ひめゆりの塔』(今井正/1953年/日本/35mm/128分/配給:東映)
『アルジェの戦い』(ジッロ・ポンテコルヴォ/1966年/イタリア=アルジェリア/35mm→DCP/121分/配給:松竹映配→コピアポア・フィルム)
『地獄の黙示録 ファイナルカット』(フランシス・フォード・コッポラ/1979年→2019年/アメリカ/DCP/182分/配給:日本ヘラルド映画→KADOKAWA)
『ブリキの太鼓』(フォルカー・シュレンドルフ/1979年/⻄ドイツ=フランス/35mm→デジタル/142分/配給:フランス映画社→フィールドワークス)
『ウンタマギルー』(高嶺剛/1989 年/日本/35mm/120分/配給:PARCO)
『チェチェンへ アレクサンドラの旅』(アレクサンドル・ソクーロフ/2007年/ロシア=フランス/35mm/92分/配給:パンドラ=太秦)
『カティンの森』(アンジェイ・ワイダ/2007年/ポーランド/35mm→デジタル/122分/配 給:アルバトロス・フィルム→TVP)
『高地戦』(チャン・フン/2011年/韓国/デジタル/133分/配給:ツイン)
『沖縄スパイ戦史』(三上智恵、大矢英代/2018年/日本/DCP/114分/配給:東風)
『運命は踊る』(サミュエル・マオズ/2017年/イスラエル=ドイツ=フランス=スイス/DCP/113分/配給:ビターズ・エンド)
『アイダよ、何処へ?』(ヤスミラ・ジュバニッチ/2020年/オーストリア=ルーマニア=オランダ=ドイツ=ポーランド=フランス=ノルウェー=トルコ/DCP/101分/配給:アルバトロス・フィルム)

映画祭「領土と戦争」2022年12月2日(金)-8日(木)ユーロスペースにて開催!
写真提供:パンドラ

<トークゲスト>

・12月2日(金)『沖縄スパイ戦史』(三上智恵・大矢英代/2018)ゲスト:三上智恵監督
・12月3日(土)『ひめゆりの塔』(今井正/195 3)ゲスト:香川京子さん(俳優、予定)
『ウンタマギルー』(高嶺剛/1989) ゲスト:高嶺剛監督(予定)
『アルジェの戦い』(ジッロ・ポンテコルヴォ/1966)ゲスト:古賀太(日本大学芸術学部映画学科教授)
・12月4日(日) 『半島の春』(イ・ビョンイル/1941) ゲスト:下川正晴さん(『日本統治下の朝鮮シネマ群像』著者)
『アイダよ、何処へ?』(ヤスエラ・ジュバニッチ/2020) ゲスト:安田菜津紀さん( 認定NPO法人Dialogue for People副代表/フォトジャーナリスト)
『あの旗を撃て コレヒドールの最後』(阿部豊/1944)ゲスト:志村三代子(日本大学芸術学部映画学科教授)
・12月7日(水) 『ブリキの太鼓』( 1979/フォルカー・シュレンドルフ) ゲスト:渋谷哲也さん(日本大学文理学部教授/ドイツ映画研究)
・12月8日(木) 『高地戦』( 2011/チャン・フン) ゲスト:寺脇研さん(映画評論家/プロデューサー)

映画祭「領土と戦争」2022年12月2日(金)-8日(木)ユーロスペースにて開催!

〜映画祭「領土と国民」開催概要〜

公式ホームページ
□主催:日本大学芸術学部映画学科映像表現・理論コース映画ビジネスゼミ、ユーロスペース
□会期:2021年12月2日(金)~ 12月8日(木) 1日4回、各作品2回ずつ上映
□会場/一般のお問い合わせ:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町 1-5KINOHAUS3F TEL:03-3461-0211)

新着情報

  1. 今年で5回目を迎える「東京ドキュメンタリー映画祭2022」が12月10日(土)〜12月23日(金)まで新宿K’s cinemaにて開催
    今年も「短編」「長編」「人類学・民俗映像」の各コンペティション部門の厳選された作品のほか、暗黒舞踏な…
  2. 世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Winter」に『ガンニバル』のVRワールド出展
    12月3日(土)〜18日(日)に開催される世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット2022 W…
  3. 「さよなら渋谷TOEI」最終営業となる2022年12月4日(日)にラストの特別上映実施
    1953年11月18日の開業以来長らく親しまれた渋谷TOEIが、ついに69年の歴史にピリオドを打ちま…
  4. 「MOOSIC LAB 2023」12/3から12/23にK’s cinema、1/6から1/17にシモキタエキマエシネマK2にて開催
    音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2023(ムージック・ラボ2023)」K’s cinemとシ…
  5. <中央アジア今昔映画祭2022>12月より全国のミニシアター8館にて開催
    中央アジアのカザフスタン、キルギス(クルグズスタン)、タジキスタン、ウズベキスタンと、これらの国と深…
  6. 来日セレブ多数登壇!<東京コミコン2022>11月25日~27日の3日間、幕張メッセにて開催
    今回は、<東京コミックコンベンション2022(東京コミコン2022)>の登壇ゲストや、期間中開催され…
  7. 映画『ザ・メニュー』公開記念!ヴィレッジヴァンガードダイナーにて‟極上のクラシックチェダーチーズバーガー”発売
    グルメハンバーガー専門店ヴィレッジヴァンガードダイナーが、『ザ・メニュー』の公開を記念して2022年…
  8. 【第44回ぴあフィルムフェスティバル in京都 2022】11/19(土)〜27(日)、京都文化博物館フィルムシアターにて開催!
    今回は、コンペティション「PFFアワード2022」入選16作品が監督トーク付きで展開される他、招待作…
  9. 映画『ブラックパンサー』の衣装や実物大ワカンダの王座を展示!期間限定イベント【ブラックパンサー・レガシー】開催中
    映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の公開(2022年11月11日)を記念し、ホットトイ…
  10. 渋谷区千駄ヶ谷とゆかりのある映画6作品を、野外上映する地元発イベント
    <第1回 千駄ヶ谷 鳩森 おとなり映画祭>が、2022年11月12日(土)・13日(日)に開催されま…
PAGE TOP